1. ホーム
  2. 構造
  3. MIRAIE(制震ユニット)

MIRAIE

新技術で、地震の揺れを最大95%吸収

大切な住まいを守る地震対策は、耐震だけで十分でしょうか。
本震に続く余震・地震後の暮らしのことも考えると、
耐震だけで安心だとは言い切れません。
そこで提案したいのが、「制震」という考え方。本震だけでなく繰り返しくる 余震にも強い、より安心・安全な住まいづくりをお手伝いします。

耐震だけではなく、「制震」という最新技術を。

耐震

建築基準法にも定められている、近年の新築住宅なら標準的に保持している性能です。建物の強度を上げる地震対策ですが、建物が地震エネルギーの全てを受け止めて耐えようとするため、構造躯体へのダメージが大きく、余震や別の地震の際に本来の性能を発揮できない可能性があります。

耐震

地震エネルギーを吸収するシステムです。建物を揺れが抑えられるため、構造躯体へのダメージが軽減されます。また、別の地震対策の1つである免震システムと比較し、低コストで導入できることも魅力です。

震度6強の揺れ幅を最大70%も低減※1します
連続5回の揺れを与えても、安全とされる範囲内※2でした

※実験をもとにしたイメージイラスト
BSL波(建築基準法で想定されている大地震波)およびJMA神戸NS波(阪神・淡路大震災原波)を使用。

MIRAIE装着とMIRAIE非装着で、建物の上層と下層の揺れ幅(層間変位)を測定。
この結果、地震の揺れ幅を最大70%吸収・低減※1できることが実証されました。

新型ミライエは、茨城県の筑波防災科学技術研究所で大規模な実大振動台実験を行いました。
耐震等級3相当の木造建築に対して、もっとも損害を受けやすいと言われる阪神淡路大震災同等
クラスの地震波を入力。また、余震を想定し、震度6強の地震波で繰り返し実験しました。



※1:2011年12月の実大振動台実験の結果による ※2:安全限界変位(木造建築物が倒壊・崩壊しないとされる揺れ幅の限界)

揺れを熱に変えて吸収する「高減衰ゴム」
90年間、制震特性はほとんど変わりません

エネルギー吸収材に使われる「高減衰ゴム」はほとんどはずみません。これは運動エネルギーを熱に変えて、
吸収・発散するためです。90年間メンテナンス不要なので、手間もかからず、エネルギー吸収材に最適な素材です。

高層ビルや橋の制震ダンパーに使われる技術を住宅へ転用したMIRAIE

独自の技術から誕生した「高減衰ゴム」は、高層ビルや橋などの制震ダンパーにも使われています。
特に橋梁ケーブル用ダンパーでは、国内シェアNo.1の実績。
使用範囲は-20℃から60℃まで適応し、北海道から沖縄まで気候の異なる屋外でも多数使用される信頼性の高い素材です。