1. ホーム
  2. 設備・仕様
  3. Insulating material 泡断熱材

Insulating material
泡断熱材

水から生まれた断熱材
【アクアフォーム】

通常フロンガスを使用して充填させることが多い断熱材。
アクアフォームは硬質ウレタンフォームの特性を生かして水を使って発砲させます。
イソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを 発砲剤として利用することで、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となる
フロンを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。

現場の発砲工事で、細かい部分の隙間を解消。

アクアフォームは、住宅の隅から隅まで、家全体をすっぽり覆ってしまう
現場吹き付け発砲による断熱工事です。

無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10kの約10倍もの断熱効果を保持しています。 また、透湿性も低く、断熱材内部に湿気を通しにくいため、躯体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

安心の性能チェックサポート

高気密住宅認定書の発行
アクアフォームで高品質な断熱工事を行うために、ご希望に応じて施工後に気密測定を実施し、高気密住宅の認定書を発行しています。
サーモグラフィー測定
断熱効果を視覚的に確認し、表面温度の数値化でよりわかりやすく精度の高い検証ができます。
高気密住宅認定書の発行
アクアフォームで高品質な断熱工事を行うために、ご希望に応じて施工後に気密測定を実施し、高気密住宅の認定書を発行しています。
サーモグラフィー測定
断熱効果を視覚的に確認し、表面温度の数値化でよりわかりやすく精度の高い検証ができます。

従来の断熱材の概念を超えた、
「4つの特長」

  • 人、環境への配慮
    環境に悪影響を与えるフロンガスを使わず、ホルムアルデヒドも発生させない、住人にも施工する人にも優しい断熱材です。
  • 静かな住空間・吸音性能
    硬質ウレタンフォームによる隙間のない施工で高い気密性を実現。細かな気泡構造は吸音性にも優れています。
  • 換気システムの効率化
    効率的な換気を行うための空気の通り道を確保し、漏気の原因となる隙間をふさぎ、優れた空気循環を長期間にわたって維持します。
  • 長期間、安定した性能を発揮
    連続気泡構造によりガス抜けによる収縮がなく、長期間にわたって安定した性能を発揮します。

アクアフォーム施工の流れ